スポンサーリンク

明日からの診療に役立つ血液学その7(多発性骨髄腫Vol.1)

内科医
明日からの診療に役立つ血液学その7(多発性骨髄腫Vol.1)
 残暑が厳しいこの頃です。私の夏休みは終り(勝手に休みました)、明日からの診療に役立つ血液学の続きを書こうと思います。これまで、主に血液検査データから、どのような疾患を考えられるかを中心に書いてきました。まだ、解説不十分のところはありますが、血液悪性疾患に入って行きたいと思います。この10年で最も治療が変わったホットな疾患が、多発性骨髄腫(multiple myeloma; MM)です。血液内科では、以前は何をしても治らない病気から、延命出来る、さらに完全寛解がえれるようになってきました。そこは専門医の仕事ですので、まかせておきましょう。
 一般内科医の診療では、日常見る可能性がある疾患であり、結構、見逃されてやすい疾患と思います。人口10万人あたり、年間5.4人と以外と多いです。5年生存率は3割です。予後不良の疾患に変わりありません。
白血病は、絶対に見逃す訳がありません。採血すれば誰でも異常に気がつきます。ところが、MMは、症状は明らかでなく静かに進行して行きます。初診で診断出来るのは、進行した症例です。多くは振り返って、種々の兆候があったことが知らされます。
症候性骨髄腫の診断
診断には、M蛋白から骨髄穿刺にて10%以上の形質細胞の増加と、C 高カルシウム血症 R 腎障害 A 貧血 B 骨病変を1つ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました