スポンサーリンク

明日からの診療に役立つ血液学その6(鉄欠乏性貧血Vol.1)

内科医
明日からの診療に役立つ血液学その6(鉄欠乏性貧血Vol.1)
 貧血を見れば、多くは鉄欠乏性貧血です。あまりに鉄欠乏性貧血については、誰でも知っている、誰でも診断治療出来ますので、あえて述べる必要はないかも知れません。Hbの低下、MCVの低下、Fe低下, TIBC増加, Ferritinの低下で容易に診断出来ます。インターネットで検索すれば情報は溢れ返っています。しかし、いまだに臨床的疑問も残されています。
常識的記載は、他のサイトに譲るとして、臨床的疑問を考えて行きましょう。
※「これからの医療のあり方」福田光之医師の鉄欠乏性貧血のブログは大変参考になりました。ほとんどの考え方に同意致しました。
疑問1
鉄欠乏性貧血になる人で圧倒的に多い群は?
答え
10代の青少年と、閉経までの女性です。
この群でほぼ鉄欠乏性貧血の90%以上はカバーしていると思います。
青少年は、成長期で鉄を必要とするのと、活動が大き過ぎて消耗が早いことが上げられます。消費に供給が追いつかない状態です。
閉経までの女性も、月経によって常に血液を喪失しており、鉄が欠乏しやすい状態にあります。子宮筋腫などがあると月経の量が増加して貧血が進む原因になります。
成人男性で、貧血をみた場合、「これは病気である」と思わなければなりません。特に消化管の検査は必須となります。
疑問2
鉄欠乏はなぜ起きるのでしょうか。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました