スポンサーリンク

確信の強さが道を拓く

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

昨日、NHK番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」でブランドプロデューサーとして活躍なさっている柴田陽子さんのことが取り上げられていました。その中で「確信を持て;成功させるためには、本人が自分のプロジェクトに確信を持てていることが結果に大きくかかわるので、ゴールをイメージできるところまでやらないと結果も出ない」といった言葉が印象的でした。そして、一流の方は、媚びない強さがあって、積み重ねた努力や経験に裏打ちされた自信に溢れているものだと思いました。
 
柴田さんがおっしゃっていた確信の大切さ。
私も”確信”とは人生を切り開いていくうえで大切なものだと思います。
自分に自信がない人は、自分に対して確信がありません。
確信を持つためには、知識ではなく経験が必要です。
 
病気と闘ううえでも、”確信”の有無が鍵になります。どんな病気でも100%自分は治ると信じ切ることができれば、どんな方法であっても必ずやその病気は癒えていくでしょう。けれど、100%信じ切ることなど決して簡単なことではありません。重篤な病気になるほど、小さな体の変化が不安や恐れにつながってしまいます。
健康で人生がうまくいっていれば問題ないでしょう。けれど、病気であったり、仕事のトラブルであったり窮地に陥った時ほど、確信は揺ら

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました