スポンサーリンク

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)と楽天VTIを比較分析

内科医
おはようございます。
投資信託で米国株投資といえば、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)か楽天VTIのいずれかになると思います。
これは2018年6月にeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の新規発売が発表された時に書いた記事ですが、その後楽天VTIの実質コスト(0.311%)が判明したこともあり、最新の情報に更新します。
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)と楽天VTIを比較分析
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の概要
同じ指数に連動する商品であれば、他社の動きを見て迅速に手数料の値下げに応じることを明言しているのが、eMAXIS Slimシリーズの最大の魅力です。
もともとeMAXISシリーズを長期に運用してきた実績もあり、一部の商品では共通のマザーファンドを利用していますので、三菱UFJ国際投信の運用自体にも大きな心配はないでしょう。
 
さて、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の基本情報ですが、
1) 連動する指数:S&P500(配当込み、円換算、為替ヘッジなし)
2) 信託報酬:0.1728%(税込)
3) ファンド純資産総額:約52億円(2018年10月現在)
となっています。
昨今の投資信託界の流れをくんだ、非常に低コストな商品になっていることが分かります。
また、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました