スポンサーリンク

投資で安易にレバレッジをかけるのはやめましょう

内科医
おはようございます。
レバレッジ取引はその値動きの大きさが魅力で、一部のアグレッシブな投資家からは大変人気があります。
レバレッジ取引で少し成功体験を積むと、その値動きの大きさが中毒となり、ますますレバレッジの魅力に取り憑かれてしまうというのが大変危険なパターンです。
「ちょっとだけ」の気持ちで始めた投資をダラダラ引き伸ばして継続しますと、いずれ足元をすくわれるのは確実です。
本日はレバレッジ取引の是非について考察してみたいと思います。
 
投資で安易にレバレッジをかけるのはやめましょう
ブル型・ベア型のレバレッジファンドとは?
レバレッジ型のファンドは、ブル型とベア型の2つに大別されます。
例えば、◯◯という対象指数のレバレッジ2倍のブル型ファンドというのは、◯◯指数の値動きが単純に2倍になるということですね。
当たれば大きいですが、ハズレも大きくなります。
レバレッジ2倍のベア型ファンドというのは、ある指数の逆の方向に2倍の振れ幅で値動きを示すファンドということです。
下落相場でも儲けたい!という方に人気があります。
2017年までの数年間は、基本的には右肩上がりのブル相場が続きましたので、好調な相場に乗っかってより手っ取り早く儲けたい!と考える投資家からブル型ファンドの人気が出てきました。
しかし、レバレッジ型のファンドを長期保有目的でバイ&ホールドすることは大変危険です。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました