スポンサーリンク

電力供給が安定しない非常時の「新電力会社」への乗り換えは慎重に

内科医
おはようございます。
資産形成の王道は、
1. 家計管理を徹底して余剰資金を最大化する
2. 余剰資金で適切に分散された株式に長期投資をする
ことです。
家計管理を効率的に実践するためには固定費を削減することが重要であり、その中でも電気・ガスは自由化によって各個人が販売会社を自由に選択できるようになりました。
多くの新電力会社は大手電力会社よりも電気料金が安いことを売りにしており、顧客を囲い込むため様々なキャンペーンを打ち出しています。
確かに、新電力会社に乗り換えることで電気料金に限ればメリットはあるのですが、新電力会社に乗り換えることによるデメリットも知っておく必要があります。
私個人の意見としては、特に電力供給が安定しない非常時に新電力会社へ乗り換えることには慎重になるべきだと思います。
電力供給が安定しない非常時の「新電力会社」への乗り換えは慎重に
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 新電力会社は採算が取れなくなると電力事業撤退のリスクがある
2. 原材料の高騰で電気料金が高騰し、大手電力会社よりも割高になる可能性がある
3. 電話やメールをしても連絡がつかないなど顧客サービスに問題がある会社も多い
以下詳細を見ていきます。
 
1. 新電力会社は採算が取れなくなると電力事業撤退のリスクがある
新電力会社の場合、電気の仕入れ価格高騰などにより採算がとれなくなると、電

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました