スポンサーリンク

2018年秋のボラティリティの高い相場とドルコスト平均法の心理効果

内科医
おはようございます。
2018年10月はかなりボラティリティの高い相場になっていますね。
私の金融資産も例外ではなく、1ヶ月で100万円単位で減りましたが、幸い数年間にわたる含み益が残っているのが精神的な支えになっています。
しかし、2018年から株式投資を始めた方にとってはあまり気持ちの良い相場ではないでしょう。
ここで重要なのは、長期投資においては個人の能力の問題ではなく、誰がどうやっても利益が出ない年というのが必ずあります。
2018年はそういったレベルの難易度ではないですが、ここ数年のイージーな相場よりはだいぶ難易度が増していると言えるでしょう。
 
2018年秋のボラティリティの高い相場とドルコスト平均法の心理効果 
2018年の相場を振り返る
2018年始以来の主な指標のチャートを振り返ります。
赤がVOO(S&P500)、水色がVT(世界全体)、紫がVEA(米国以外の先進国)、ピンクがVWO(新興国)です。 
 (Yahoo financeから引用)
 
S&P500は2018年9月〜10月初めにかけて年初来ピークをつけましたが、それ以降はがくっと落ち込み、ほぼ2018年始と同じ水準となっています。
米国以外の市場はより深刻で、VEAで−13%、VWOは−19%を記録しています。
その影響もあり、VT(世界全体)も−7%となっています。
2018年

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました