スポンサーリンク

【書評】『投資で一番大切な20の教え』はバリュー株投資家必見の一冊です

内科医
おはようございます。
ハワード・マークス著『投資で一番大切な20の教え』は、私の最も好きな投資本の1つです。
最近『市場サイクルを極める』という新刊が発売され、そちらも読みましたが、前作ほどのインパクトはなかったかなというのが正直なところです。
本書は「本質的価値を下回る割安な価格で買う」ための心得をまとめたバリュー投資家必見の一冊です。
本書では、財務諸表の読み方や各種指数の解釈の仕方などは全く取り上げられず、市場サイクルや人間の心理面、大きな落とし穴を避ける方法などにフォーカスを当てています。
これを読んだら即座に投資がうまくなるという本ではありませんが、定期的に読み返したくなる渋い一冊です。
 
【書評】『投資で一番大切な20の教え』はバリュー株投資家必見の一冊です

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
作者: ハワード・マークス,貫井佳子
出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
発売日: 2012/10/23
メディア: 単行本
購入: 2人 クリック: 4回
この商品を含むブログ (6件) を見る

 

投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識 [ ハワード・マークス ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > ビジネス・経済・就職 > 株・資金運用ショップ: 楽天ブックス価格: 2,160円
 
本質的価

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました