スポンサーリンク

臨床試験の問題点

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんおはようございます2代目ガンちゃん先生です癌治療において、標準治療となるためには、臨床試験でよい成績を出す必要がありますよい成績とはどういうことかと言いますと、生存期間をいかに延ばすか癌が進展するまでの期間をいかに延ばすかで評価します例えば、ネクサバールという薬剤では、治療をしない人に比べて、2ヶ月程生存を延ばしたという事で進行肝臓がんの標準治療薬となりました生存期間や癌が進展するまでの期間という尺度で本当に全ての治療の評価が出来るのか?そして、それが本当に実際に治療を受ける患者さま達が求める治療なのか・・?ここには疑問があります癌がどれだけ小さくなるか癌をゼロにどれくらいの割合できるのかこの尺度も本当はとても大切なのです例えば、岩本内科で行う治療 New FP療法臨床試験で良く使われる尺度である生存期間も明らかにネクサバールなどに比べると私のデータでは3倍くらい良いのですが・・・それに加えて、癌がどれくらい小さくなるかと言いますと70%癌をゼロにする力は20%患者さまにとって癌が小さくなる事、そしてゼロになる可能性がある事はとっても意味があると私は思いますNew FP療法の場合は、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました