スポンサーリンク

現金は最強の流動性を持ち、いざという時に最強の安心感を与えてくれる

内科医
おはようございます。
最近の世界同時株安の影響で、マネーフォワードを開くたびに総資産額が減っていくのでなかなか辛いものがありますね。
もちろん、昔と違ってVTやVTIなどのETFが中心ですので、長期で保有すればいつかはまた復活するだろうとは思っています。
10年前のリーマンショックの時にも株式投資はしていましたが、当時はリスク資産の金額が少なかったので、40%〜50%減ってもあまり深く考えていませんでした。
投資歴が1年未満の方は含み損の方も多いと思いますが、こういう時期に自分のリスク資産は長期ホールドに耐えられる資産かどうか、また現金などの無リスク資産の量は十分か見直しておくとよいですね。
 
現金は最強の流動性を持ち、いざという時に最強の安心感を与えてくれる
リスク資産が「千万円」単位になると給与所得からの補填は厳しい
リスク資産が「百万円」単位の時は、10%〜20%の下落であれば給与所得からの追加投資によって補正することができました。
一方で、「千万円」単位になりますと給与所得からの補填では追いつかなくなってきます。
リスク資産が300万円であれば、仮に10%〜20%下落したとしても30万円〜60万円の損失ですから、ある程度時間をかければ給与所得から補填が可能です。
ところが、仮に3,000万円分のリスク資産を保有していると仮定すると、同じ10%〜20%の下落でも300万円

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました