スポンサーリンク

米国株(VTI)と新興国株(VWO)のバリュエーションの差が急激に縮まる

内科医
おはようございます。
2018年春〜秋にかけては米国株の一強状態でしたが、10月以降のわずか2〜3ヶ月の間に急激に株価が下がっています。
一方で、春先から株価が下落し続けていた新興国株ですが、ここ2〜3ヶ月の株価はほぼ横ばいで推移しており、両者のバリュエーションの乖離が急激に縮まっています。
特定の資産だけが一人勝ちを続けることはないということが、今回も確認されたわけですね。
米国株(VTI)と新興国株(VWO)のバリュエーションの差が急激に縮まる
実際のチャートで確認してみます。
以下、2018年始からの1年チャートで、青がVTI(米国)、紫がVEA(米国以外の先進国)、赤がVWO(新興国)です。
2018年6月〜9月頃までは米国株の一人勝ち状態で、特にハイテク銘柄を中心に絶好調な時期が続きました。
10月〜12月の調整局面ではVTIが最も下がっており、その間ほぼ横ばいのVWOとのパフォーマンス差が急激に縮まっています。
新興国株は先に20%近く株価を下げていましたので、バリュエーション的に割安な水準となっており、それ以上の下落余地が小さかったというだけの話ですが、いつまでも一人勝ちは続かないというのは面白いですね。
 
2018年秋以降はハイテク銘柄を中心に下げている
QQQはNASDAQ 100に連動するETFで、テクノロジーセクターが50%以上を占めますので、ハイテク銘

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました