スポンサーリンク

投資も型がある人が型を破ると「型破り」、型がない人が型を破ったら「形無し」

内科医
おはようございます。
私の好きな格言の一つに、中村勘三郎さんや坂東玉三郎さんの以下の言葉があります。
「型破りな演技は、型を知らずにはできない。型を知らずにやるのは、形無しというのだ」
「若い人はすぐ型破りをやりたがるけれど、型を会得した人間がそれを破ることを『型破り』というのであって、型のない人間がそれをやろうとするのはただの『形無し』です」
変化の流れがますます速くなっている現代社会においては、昔からの伝統というのもは時に軽視されがちです。
しかし、日本語に「守・破・離」という言葉があるように、まずは型を守ることから始めてみるのがよいのでしょう。
投資も型がある人が型を破ると「型破り」、型がない人が型を破ったら「形無し」
投資も型を身につけずに型を破るとただの「形無し」になる
投資も歌舞伎と同じで、型を身につけずに型を破ろうとするとただの「形無し」になる可能性が高いです。
自力で貯めた貴重なキャッシュをリスク資産に投入するわけですから、それ相応の事前学習は欠かせません。
投資をするからには爆益を狙いたい、市場平均を出し抜きたいという気持ちが芽生えてきますよね。
特に、株式市場が好調な時は市場平均を上回るパフォーマンスを上げている個別銘柄がゴロゴロ転がっていますからそういう気持ちになりやすいです。
しかし、一方で、20年〜30年の長期に渡って市場平均を上回り続けられる銘柄という

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました