スポンサーリンク

現金の代わりに米国高配当株を保有するのはありか?

内科医
おはようございます。
当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。
いつも参考にさせていただいています。
資金運用ついてご相談があります。
現在37歳、生活費とは別に余剰資金1000万円があります。
現在、この資金を原資にideco2.3万円と積立nisa3.3万円を積み立てています。
積立投資で(2.3万円+3.3万円)×12か月=70万円弱を毎年支出しても、今後数年間は現金が数百万円余ります。(1年後930万円、2年後860万円、・・・)
相談の内容は、この数年間は余る資金を、積立投資に支払う時期まで現金でおいておくべきか、それとも、一時的に米国高配当株等に割り当てておき、将来積立投資の支払いが近づいた時点で現金化するべきか悩んでおります。個人的には、現金を眠らせるのは勿体ないのでは、と思っております。
ちゅり男さんのアドバイスを頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。 
ご質問ありがとうございます。
要点は、
1) 余剰資金1,000万円の使いみちについて→iDeCoとつみたてNISAメインで積立中
2) 現金のままホールドするのではなく、一時的に米国高配当株に割り当てるのはどうか
という点ですね。
この2点について私なりに検討してみます。
現金の代わりに米国高配当株を保有するのはありか? 
将来的にキャッシュが増える予定があるのかどうか?
今現在、「生活費

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました