スポンサーリンク

スコティッシュフォールドとTRPV4遺伝子

その他
スコティッシュフォールドとてもフレンドリーでおとなしく一般的に垂れ耳で知られている可愛いにゃんこです。今年は価格が高騰し50万円を超える個体も販売されています。現在ライオンの価格が約45万円ほどのためライオンよりも高いことになります。スコティッシュフォールドの歴史は浅く、1961年にスコットランドの田舎町にある農家に生まれた一匹の雌の白猫スージーちゃんから始まりました。スージーちゃんは、他の猫たちとは違って、耳介がぺこりと折れていたのです。1963年にスージーちゃんは出産。子猫たちの中にも、スージーちゃんと同じようにの耳が折れている子たちがいました。これによって折れ耳が遺伝的形質であることが確認され、飼い主は「折れ耳猫」を増やすために計画的な繁殖の歴史が始まりました。1966年に英国の猫種血統登録団体GCCFに登録して、本格的に繁殖を始めたものの、骨と聴力の異常が見られるようになり1971年にGCCFは、猫の健全性を保つために、猫種の登録と繁殖を中止を決めました。折れ耳の猫たちは将来大きな問題を抱える可能性があったからです。そのため同じ1971年に、数匹のスージーちゃんの子孫たちが、米国へと送られました。米国の遺伝学者の元でアメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘア、エキゾチックショートヘア、ペルシャなどとの交配によって、遺伝子的な問題を最小限に抑えることによって品種作成が

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました