スポンサーリンク

稲田の神よりのメッセージ【自然は語りかける】

その他
2022年4月28日「田に整然と植えられし稲は、青々とその姿を風になびかせます。陽の光、水、風 ーーー これら自然の諸々が、稲の伸びゆく(成長の)様をあたかも愛(め)で、慈(いつく)しむかのようです。稲の成長が円熟し、やがて大きな実りを得るまでには、大らかに育(はぐく)まれる期間が欠かせません。健やかに伸びゆき、それぞれ(の稲)が、穂を垂れるほどに豊かな実りをつけるーーー この道のり(過程)を信じるがゆえに、自然は時間をかけ、愛を一心に注ぎ、じっくりと稲を育んでゆくのです。人間の成育も同様です。今や多くの物事が、性急に、端的な事象(=良し悪し)、あるいは結実(=結果)を求められます。人間という、これもまた自然の一部とも申せる生命にとりては、厳しき世の流れ(風潮)とも申せましょう。ゆえに、多く(の人々)が、息が詰まるのです。緩やかに、そして大らかに。この感覚を忘れる生命は、根を張ることもできず、ひ弱な“浮き草”のごとくになりましょう。これでは、豊かな実りを得られることなどけしてありません。今まさに人類が迎える地球の変局のさなかに、あなたがたは、これまでの観念(価値観)を覆(くつがえ)され、あるいは、真っ向より問いただされております。これはすなわち、人間としてのあるべき姿、生き方を見つめ直すべき局面でもあります。だからこそ、永らく先人たちが大切にしてまいった物事、人類の“原点

リンク元

その他
スポンサーリンク
kamigami no messageをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました