スポンサーリンク

痛みや痛みどめの男女差

その他
男性と女性では痛みに対する違いがあるのではないかと以前から言われていました。soullevels.comそれをマウスを使って証明した研究報告があります。Robert E Sorge, et.al. "Different immune cells mediate mechanical pain hypersensitivity in male and female mice" この研究では雄雌のマウスを用いて、痛みがどのように伝わるのかを調べています。従来は痛みは、ケガや炎症部位から、免疫細胞を介して神経細胞に伝わると考えられてきました。特に、神経細胞は、神経膠細胞(神経系を構成する神経細胞ではない細胞の総称)で包まれていて、そのうちのミクログリアが、痛みの伝達に大きな役割を持っているとされています。今回の研究では複数の手法によってマウスのミクログリアの作用を阻害する実験を行っています。ミクログリアの作用を阻害すれば痛みはうまく伝達されないはずだからです。その結果雄の個体ではこの試みが上手くいきましたが雌の個体では失敗しました。これは、雌は痛みの伝達に、ミクログリアではなく、免疫細胞であるT細胞が主な機能を果たしているためと推定されました。痛みを伝える主な手段として雄は、ミクログリア雌は、T細胞が活躍するようです。今回の研究結果から、痛みの伝達経路に関して、雄雌の性差が存在

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました