スポンサーリンク

ラグビー部のミーティング。

医療機関
試合直後のミーティングは、意味がない。  試合後、翌日の練習までに、コーチとキャプテンがビデオを確認し、試合のプランを、どの様に遂行できたのか、また、遂行できなかったのか、その原因はなにか、そして、その原因を解決する練習メニューはなにか、そういったことを、正確に、分析するため、試合直後のミーティングは、禁止だった。 では、プレイヤーは、試合直後に何をすべきか?それは決まっている。心と体のメンテナンスだ。次回の集合練習までに、100%の状態にリカバリーしておくことが何よりも至上命題だ。 試合直後のミーティングは、正確な分析ができない。多くのバイアスと感情の揺れで、正確な分析ができない。 大学で、ラグビーをして、コーチに教わった一番大事なことだ。 本気なら、感情だけで、仲良しこよしだけで、チームビルディングをするな。 ラグビーも、ザイタクも、尊厳死も、厳しい世界であることは、皆わかっているはず。 ポストコロナ時代。いよいよ厳しさが増してきた。訪問終了後や研修会後や研究会後の団欒や懇親会のあり方も、変革の時が来ているように感じている。  分析が、しっかりできていたのに、チームビルディングもマジでやれてたのに、試合中の自分の判断ミスで負けた試合は、今でも鮮明に思い出す。あの一手をオレが間違わ

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました