スポンサーリンク

信じるのは医師の言葉より、近所のオバサマ。

その他
“標準治療”?――「なんだか古臭い言葉だ」「本当に効果があるの?」「抗がん剤をしたら、 吐き気がしたり髪が抜けたりするんでしょ?」「もっと先進的な治る治療があるはずだ」がん告知を受けてこのような考えを抱く人はきっと少なくないと思うこのブログのメッセージでもそのような話をいただいたこともあるがんサロンにも、「民間療法をしている人の話が聞きたい」と、参加された方もいるネットで調べまくり、そのような“療法”や健康食品などに手を出した人もいるもちろんそれらは高額で、且つ、科学的な証明がされていないもの実際に主治医に、「なにかいい民間療法ありませんか?」と聞く患者もいた当然、医者が科学的根拠のない、そのようなものを勧めるはずもなく...確かに、“標準治療”という言葉は頼りない“少し前の治療”というイメージもある効果も疑問視してしまうが、本当は、“標準治療”は、日々更新されている治療だ効果や安全性など、根拠にも基づいている乳がんになったとき、民間療法に全く関心のない私は、周囲から何を言われても聞き流すことができたが、「これ、いいよ」「これ、がんに効くんだって」「抗がん剤に殺されるから、 抗がん剤はしない方がいいよ」そんなふうに近所のオバサマや親戚のオジサマに言われたら...きっと、医師の言葉より、近所のオバサマや親戚のオジサマの言葉を信じるひとは少なからずいる病気を治す専門の医師より、なぜか病

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました