スポンサーリンク

“爆睡したい”という願望。

「あ~、寝た~」最後にそんな経験をしたのは、いつだったか――乳がんになってから熟睡したのは、たぶん、数えるほどしかない当時は眠るのが怖くて、「このまま寝てしまったら、 朝が来ないかもしれない」と、毎晩不安でたまらなかったそれに、なぜか夜になると泣けてきた“乳がん”という現実に押しつぶされそうだった「これからどうなるのか」という不安そして、再発への恐怖感治療の副作用のつらさ、手術の身体の痛み...数年続いた不眠原因はきっと、“乳がん”という漠然とした不安と、ホルモン治療による副作用の複合体だったのだと思ううとうととした眠りの中で朝を迎えると、「嗚呼、今日も生きていた」そう実感していたそれでも眠剤は処方してもらわなかった理由は単純“薬が嫌いだから”眠剤は特に嫌いだ癖になりそうな気もしたやめ時もわからないが、こんなとき、本当は薬の力を借りが方がいいらしいなぜなら、がんとのつきあいには、生活の質を上げる(維持する)こと、そして、身体(精神的)への負担を減らすことが大切だからだひとには、「薬に頼ってもいいんだよ」そう言えるが、自分のこととなると、からっきし駄目であるがんの手術から治療を終え数年が経っても、眠剤に頼っている人もいる“がん”とは、そういう病なのださて、いつになれば、「あ~、寝た~」という日が来るのだろうか――   1日1回、応援のクリックお願いします       日々の励みになり

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました