スポンサーリンク

未だに不自由 ~“腱鞘炎”という副作用~

その他
腱鞘炎になったのは、今から14年ほど前突然、左の手首(親指のつけ根あたり)に強い痛みが現れた幸い、歩いて通えるところに整骨院があったので、受診してみたそこは、4年に一度通っていた整骨院“4年に一度”というのには特に理由はなく、たまたま4年ごとに怪我をしたりどこかを傷めていたからだそのため、4年目になると、「そろそろどこか傷めるかも...」そんなふうに思うようになった手を動かせないほど痛んだ腱鞘炎黙っているだけでもかなり強い痛みだった整骨院の先生は、「ゲームのし過ぎ?」と聞いてきただけ「ホルモン療法をすると、 腱鞘炎になることがあります」そんな話をされることはなかったホルモン療法が腱鞘炎を引き起こすことを知ったのは、このブログコメントをいただいたことで初めて知った  腱鞘炎になってから  2~3年は経っていたと思うホルモン剤の冊子に載っていた、100を超える副作用その中にも、『腱鞘炎』なんて言葉はひとつもなかった手首にガチガチに包帯を巻いたまま、デポ注射を打ちに外科外来を受診したときも、主治医に、「(手首)どうした?」と聞かれ、「腱鞘炎」そう答えても、「あー、ホルモン療法すると、 腱鞘炎になるからね」なんて言葉も一言もなかったその腱鞘炎14年経った今でも治っていないバネ指併発で、未だに指が若干不自由だ「もう治ることはないだろうな。 一生、この指のままか...」と、今ではすっかり諦めて

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました