スポンサーリンク

神の詩 第五章十節 3/7

その他
 神の詩 第五章十節  3「行動をブラフマンに捧げ、執着を捨てて行動する者は、蓮の葉が水に汚されないように、罪悪に汚されない。(十)」「4枚の花弁のある蓮華はアーダーラ(ムーラーダーラ)であり、6枚の花弁のある蓮華はスヴァーディシュターナである。臍には10枚の花弁の蓮華があり、心臓には12枚の花弁の蓮華がある。16枚の花弁のある蓮華は喉にあり、同様に2枚の花弁のある蓮華は眉間にある。頭頂部の大いなる通り道には、千の花弁の蓮華がある。」インドでは、ビシュヌの臍の中に開花した蓮華の中にブラフマーがいて万物を創造したというビシュヌ神話があります。紅蓮華 (パドマ padma)は、ヒンドゥー教ではビシュヌ神とその妃ラクシュミーの象徴ともされています。仏教では、主要な仏像を安置する台を蓮の花に喩えて、蓮台または蓮華座と呼びます。蓮の花は、極楽浄土の池に咲き、極楽往生した人が座るとされています。「摩訶般若波羅蜜経」には、「白蓮華(びょくれんげ:プンダリーカ)、紅蓮華(ぐれんげ:パドマ)、青蓮華(しょうれんげ:ウトパラ)と黄蓮華(おうれんげ:クムダ)」の4種類が記されています。白蓮華と紅蓮華が蓮であり、青蓮華と黄蓮華は睡蓮です。仏教では特に蓮の方が尊ばれ、清浄な心の象徴である「白蓮華」と、仏の大悲から生じる救済の働きの象徴とされる「紅蓮華」が大切にされています。この二つの蓮は、釈迦大師

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました