スポンサーリンク

日本肝癌研究会

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさま、おはようございます2代目ガンちゃん先生です先週は、日本の肝癌治療のエキスパートが集う日本肝癌研究会に参加してきました私は、パネルディスカッションとワークショップで発表させて頂きましたパネルディスカッションでの発表の内容は、いま、肝臓がん治療で使われるテセントリク+アバスチンですが、この治療の前に、岩本内科で行う動注療法を先に投与しておくと、テセントリク+アバスチンの奏効率が上がる可能性があることを報告しましたワークショップに関しては、肝臓がんの栄養動脈の一つの下横隔動脈というのがありますが、その動脈にカテーテルを挿入するのは難しい事があって、その動脈へのカテーテル挿入のテクニックを紹介しましたどちらの発表も反応も良く、インパクトのある発表になったかなと思います肝臓がん治療も大きく変わってきておりますが、技術を要するカテーテル治療の重要性は変わりません本日ご紹介は、肝臓の右葉に位置する15cm大の突出し、多発する肝臓がんいつでも破裂する可能性がある状態でした余命は数か月の状態と言えます・・この黒くもやもやしたのはすべて癌です・・・破裂予防に門脈動脈同時塞栓療法を行い、カテーテル留置し

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました