スポンサーリンク

側孔付きバルーンカテーテル 肝臓がんの治療

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさま、おはようございます2代目ガンちゃん先生です今日は、特殊なカテーテルを使った肝臓がん治療の紹介特殊なカテーテルとは言っても、数年前から使えるカテーテルですが、今回の治療でばっちり力を発揮してくれました!そのカテーテルは側孔付きバルーンカテーテルと呼ばれるものです名前はロゴススイッチカテーテルの先端に風船が付いていて、膨らませる事ができます膨らむと・・・カテーテルを挿入した動脈は閉塞しますそして、風船の手前に孔が空いていて、そこから、薬剤を投与する事ができますこのカテーテルをどのように使うかと言うと、治療をしていますと、カテーテルを挿入する事ができないくらい細い癌の動脈の場合があります髭の様な細かな動脈によって、血流を保っている癌がたまに存在しますほとんどの場合は、上手にカテーテルを挿入できるのですが、細すぎると物理的に挿入ができない事がありますこういう時にこの側孔付きバルーンカテーテルを使うと、細かな癌の動脈の先でバルーンを膨らませ、正常な肝臓の領域には薬剤を投与せずに、癌の動脈だけに集中的に薬剤を投与する事が可能となります今回の方もそのような状況でした癌が肝臓のS6からS7/1にか

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました