スポンサーリンク

ドーパミン・ファスティング

その他
ドーパミン・ファスティング「ドーパミン断食」というものがあります。theguardian.comドーパミンとは、中枢神経系に存在する神経伝達物質でアドレナリン・ノルアドレナリンの前駆体です。快感や興奮したときに関与するもの。「ドーパミン断食」とはドーパミンを出すような刺激的なものを断つこと。現代社会には刺激を感じるものばかり。つまり人工的な照明や刺激的な音楽、ゲーム、映像、インターネット情報、飲食物、パーティー・・・こういった刺激を感じるもの、神経伝達物質ドーパミンの分泌を刺激する要素から離れる。ドーパミン断食という用語を作ったのは米国の心理学者キャメロン・セパー博士。情報社会で脳の疲れをとるためのリセットには必要です。ドーパミン断食の方法は人それぞれです。数日コンピューターやスマホなどの電子機器を使わないというものや暗い部屋で過ごす、密閉した部屋で完全に感覚を休ませる、自然の中で何もしないまま過ごすなど。現代人はかなりの時間をスマホやコンピューター、テレビに費やしています。プライベートだけでなく、仕事で使っている場合にはかなりの時間となっているはずです。本当に必要なものはとても少ないはず。不要なものをある程度削ればもっと時間が有意義に使えるはずです。ある程度といったのは、人間、自分で不要と考えるものの中にもよいものがあるからです。だらだらする時間や遊びの時間もある程度はとても大切

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました