スポンサーリンク

現在の、“乳がん経験者”としての立ち位置は...?

その他
先日、とある企業の、『がん経験者』に関してのいくつかの質問に答える機会があった (ネットでの回答)“がん種”や、“どんな治療をしたか”など、はじめは順調に書き進んでいたが、後半に、こんな質問があったそれは、「現在のあなたの状態を教えてください」というもの回答は、選択式  □治療中  □経過観察  □寛解  □予後  □その他この中から一つ選んでチェックを入れるのだ悩んだ...  □治療中   私はすでに治療を終えているので、   これは違うのは明らかだ  □経過観察   もちろん、これも違う   もう医師の指示による全身検査も   受けていない   が、“完治20年”の中にいると、   まだ“経過観察中”の気分だ  □寛解   もともと“寛解”という言葉は、   血液のがん*に使う言葉だと聞いたことがある   が、   大腸がんや乳がんなどでも使われているようだ    *)たとえば、急性骨髄性白血病の場合、     はじめに“寛解導入療法”という、     抗がん剤で白血病細胞を叩く治療が行われる     治療後、     骨髄中に存在する白血病細胞が     5%以下になったとき     “治療効果があった”と判断され、     “寛解”となるらしい  □予後   “予後が悪い”   “予後良好”   など、病気の経過や   見通しなどに使われる言葉   “余命”という意味でも 

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました