スポンサーリンク

“私が乳がんになったことで、周りの人たちの人生をも変えてしまった”という現実。

その他
まぁ...何度も何度も、子どもが産めなくなった話はここでしてきたよねそりゃ、女として生まれてきて、“産むことが当たり前”だと思っていたから“産めなくなる”なんて考えてもいなかったそのショックは、大きいよね“女の子2人ほしい”というのは、子どもの頃からの夢だったしそれに、当時つきあっていた彼にも申し訳なさでいっぱいだった彼のお父様にも、「早く跡取りを...」と言われてもいた私が乳がんになったことで、周りの人たちの人生も変えちゃっているんだよね以前、治療で子どもが産めなくなったことに関して、「“養子”という道もありますよ」と、ブログにコメントをくれた人がいるそれが本気なのかどうかはわからないでも、違うよねそうじゃない“自分が産んだ子どもがほしい”“自分の血を分けた子どもを残したい”そういうことなんだよね前に、「産まないのと産めないのは違うよね」そう言ってくれたひとがいた胸が詰まった“産まない選択”をしたわけじゃないそこには、“産めなくなった”という現実がある乳がんが発覚する半年前、子宮筋腫の摘出手術を受けたそれは、「このままでは着床しても、 赤ちゃんが育たないよ」そう言われたから大きな筋腫が子宮を挟むようにあって、子宮を圧迫していたらしいだから手術を受けたお腹を10cmも切る手術体力はガタ落ちするし、まともに歩けるようになるまでには1か月以上かかったし、小走りができるようになるまでは5

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました