スポンサーリンク

どこかが痛いと、すべてがダメだよね。

その他
どこかが痛いと、元気も出ないなにもしたくない食欲もなくなる眠りも浅い集中力にも欠ける鎮痛剤――...でも、極力飲みたくないできる限り、我慢するタイプ「薬は、限界が来たら...」と、思うタイプ  QOLが落ちてもできれば我慢本当に薬は嫌い乳がんになったとき、「どうしよう」と、思った毎日毎日、5年間、更年期をつくり出す薬を飲み続ければならないのだでも、さすがにがんを治療する薬毎朝、飲んだよ飲むしかないからね5年間、一日も忘れることなく  ここだけは、几帳面それでも、シートから取り出した一粒の錠剤を手にしては、口に入れるのを躊躇った「よし、これががんをやっつけてくれる!!」そう思いながら飲めば、効果も最大限発揮されたのかもしれない  ある意味、プラセボ効果が、私は嫌々飲んでいた身体はどんどん副作用に冒されてゆく罪悪感でいっぱいだったそれでも今のところ再発はしていないから、薬が効いてくれたのだろうひとには、「我慢しないで薬に頼った方がいいよ」そう言えるのに、自分事となると、からっきし意気地がないのだ――   1日1回、応援のクリックお願いします       日々の励みになります    両方押していただけると嬉しいです       ↓         ↓      人気ブログランキング   にほんブログ村 ★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら ★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました