スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 3

その他
 神の詩 第五章十二節 3「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。心を鍛える過程では、苦も楽も体験します。苦は、誰もが嫌がり、避けようとしますが、苦を体験することで気づきと智慧がもたらされます。楽は、誰もが欲するものですが、忍耐力や慈悲を弱らせる可能性があります。空海は「続遍照発揮性霊集」の中で「十界の有る所、これ我が心なり。」(人の心には、十の世界がある)と述べました。四つの善の世界と六つの悪の世界。最高位にある仏の世界から最低位にある地獄の世界まで、心の在り方によって世界が大きく変わることが示されました。善の四世界「如来の世界」「菩薩の世界」「縁覚(えんがく)の世界」「声聞の世界」悪の六世界「天上の世界」「人間の世界」「修羅の世界」「畜生の世界」「餓鬼の世界」「地獄の世界」世界を作るのも、さまざまな問題を作るのも、すべて「心の在り方」になります。心を最高位の仏の世界にするためには、心の統一が必要です。続きます。君が代から神が代へ 下巻森井 啓二きれい・ねっと2018-12-18今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします。人気ブログランキング
Source: ひかたま(光の魂たち)

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました