スポンサーリンク

医者ランキング

医療機関
最近、医療依存度を下げる学びに、久しぶりの同級生が合流してくれた。この再会を今素直に喜んでいる。だって、こんな医者が同級生に3人もいるなんて。やっぱり凄いことやん。って、思って。 24年前、研修医時代、同級生が死んだ。僕らの大学は、医学教育・研修医教育を一から見直すことに迫られた。その動きが、全国に広がり、国を動かし、未来の医療を支える医師を育てる制度が変わった。患者のための医療って、なんだ?に、真摯に向き合う大学の姿があった。 一方、僕は、この経験から、一人の親友と、この国で全うな医療をするために、母校を離れ、在宅医療の道を歩むことを、誓いあった。多くの涙があったが、もうそれは水に流そう。 今も、彼は、静かに強く、大阪で、在宅医療を取り組んでいる。医療依存度の高い医療とは、ほとんど無縁の診療を貫く。 最期まで患者のご本人らしい暮らしを支えるには、あの頃目の前で繰り広げられていた高さの無意味さを知るからだ。無意味な高さが死ぬくらい同級生ら仲間も苦しめていたと正直思う。僕ら同級生の胸の奥に刻まれて、そっとしまってあるだろう。  24年前、新しい研修医制度が未完の中、多くの同級生は、路頭に迷った。そんな中、そんな若い医師たちは、どこに希望の光を求めたか。 それは、その最も渦中にいた僕が一番知っている。僕らを医師たるべ

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました