スポンサーリンク

第65回日本糖尿病学会の感想[10] 迷走のあげく失踪?ー食事療法

健康法
【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】



迷走してきた学会の食事療法

日本糖尿病学会が推奨してきた『糖尿病 食事療法』については,本ブログでも 詳細に経緯を調べてきました.

食事療法の迷走[1] ~ [58]

さらにその続編として

まだまだ迷走?日本糖尿病学会の食事療法[1] ~ [4]

あくまでも ぞるばの個人的意見ですが,学会が1993年に 食品交換表 第5版を発行して以来,学会が『糖尿病患者だけでなく,健常者にとっても理想的な食事』と称してきた 糖尿病食事療法は迷走に迷走を重ねてきたと思っています.

なぜならば,『糖質制限食にはエビデンスがない』として強硬に反対してきたにもかかわらず,食品交換表が推奨する 炭水化物60%のカロリー制限食も やはりエビデンスがないことを2016年に認めたからです.

「糖尿病診療ガイド ライン」では,「食事のなかの炭水化物を 50~60% エネルギー,たんぱく質 20% エネルギー以下を目安として,残りを脂質とする.」と記載している. [中略]しかし問題点の一つとして,現状では各栄養素についての推定必要量の規定はあるものの,相互の適正比率を定

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました