スポンサーリンク

第65回日本糖尿病学会の感想[11] 個別化食事療法とは

健康法
【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】



作っただけのガイドライン

前回記事にて,第65回 日本糖尿病学会では,【個別化された食事療法】の指針は発表されなかったことを報告しました.

ただし,学会の公式見解ではないのですが,シンポジウム28【糖尿病食事療法研究の最前線―現在の課題とこれからの展望】で,トップバッターとして登壇した  佐々木敏 東大教授は,その講演で こういうことを述べておられました.

食パンとチーズとを渡されて,指定カロリー・指定蛋白質量・指定塩分の『健康的なチーズトースト』を作ることは可能だろう.しかし,その逆はできるだろうか?

つまり 糖尿病患者に栄養素比率の数値表だけを渡して『毎食 こうなるように食事をしてください』と指示すれば,それで食事指導は完了したのか?という質問ですこれは無理でしょう. そうなるような料理・食品の組み合わせは無数にあるからです.[焼肉] 0.45人前と[明石焼き] 1.3人前,そして[ヴィーガンサラダ]0.7人前というけったいな組み合わせでもできるかしれません.

佐々木先生は講演で,料理から栄養素構成は算出できるが,その逆,つまり栄養素構成表を渡されても

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました