スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 8

その他
 神の詩 第五章十二節 8「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。心の基本体にはアハンカーラがあります。アハンカーラとは、「私を創る道具」であり、自我を形成する基本的な心の構成要素になります。この背後にはブッディがあり、理知的な能力、識別能力が心に生まれます。さらにマナスが欲望を発生させる働きを持ちます。マナスは英語ではよくマインドと訳されます。これらが心の主体となって働きます。断食始めに瞑想しようとしている時に、美味しそうな料理の匂いが流れてきたとします。その時、マナスはすぐにそのいい匂いに反応し、意識がそちらに向かいます。ブッディは、そのいい匂いから料理を識別し、過去の経験からどれほど美味しい料理かを心の中に構築します。ここまでくるとアハンカーラが食べたいという意識で満たされます。こうして欲望が発生し、心は動かされます。食べたい、でも瞑想しなきゃ、瞑想が終わったら食べよう・・などそれまで穏やかな状態だった心は、波立ちます。これが「心の作用」チッタ・ブリッティです。続きます。ホメオパシー 基本レメディ活用ガイド森井 啓二きれい・ねっと2022-03-03今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします。人気ブログ

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました