スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 10

その他
 神の詩 第五章十二節 10「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。自分で自分の眼球が見えないように、真の自分自身も直接は見えず、心の水面を通して知覚されます。人は、心に映る自分の像を自分自身とみなすことになります。心の鍛錬によって水面を静謐に保つほど、自分の本当の姿がよく見えてくるはずです。心の作用の止滅とは、この水面が完璧に静謐になり鏡のようになった状態を意味します。「水外に波無し 心内すなわち境なり。」空海「吽字義」水から離れて波は存在しない。波は水の変化した姿である。同じように迷ったり悟ったりする状態も心の中の状況によるものである、という意味です。「水急にして、月を流さず。」という禅語があります。この急流は人の落ち着くことのない心の状態を表しています。人がどんなに心乱れても、月はそのままでいること、つまり真の姿はいつでもそこに在り、水面が凪になればいつでも美しく映し出されることを意味しています。「その時、見る者は、本来の状態に留まる。」ヨーガ・スートラ第一章三節続きます。ホメオパシーをしっかりと行う人に必須の大辞典生涯の健康維持に最も役立つもの発行部数限定本です。売り切り次第、販売終了になります。新・臨床家のためのホメオパシーマテリアメディカ

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました