スポンサーリンク

触らないで!砂浜の透明ギョーザ、正体は猛毒カツオノエボシ クラゲの仲間、死亡例も 須磨海岸

健康法
夏の注意喚起です。海開きを1週間後に控えた神戸・須磨海岸の砂浜に、透明のギョーザのような物体がいくつも転がっている。ビニールのようにも見えるが、その正体は、クラゲに似た生き物で強い毒を持つ「カツオノエボシ」。触手に触れて刺されると炎症を起こし、腫れと痛みが長時間続く。神戸市海岸防災課が注意を呼び掛けている。クダクラゲの仲間で、一つの個体に見えるのはヒドロ虫が集まってできた群体。烏帽子のような形の気泡体で海面に浮き、触手を垂らして魚を待つ。触手の刺胞に刺されると電気が走るような激痛に襲われ、2度目はアナフィラキシーショックを起こすこともあり、死亡例もある。死んだ個体や切り離された触手からも刺胞が発射されるという。https://news.yahoo.co.jp/articles/142c64627ca8e0135438711f5a7a70c756884d47知らないものは触らないことですね。取り敢えずこの辺で。※2つのランキングクリック宜しく。
癒し・ヒーリングランキング
にほんブログ村





Source: 身体軸ラボ シーズン2

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました