スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 14

その他
 神の詩 第五章十二節 14「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。心の作用1:正知(プラマーナ)(正しく優れた知)「正知のよりどころは、直接的知覚、洞察、聖典である。」ヨーガ・スートラ第一章七節正知は、心を究極的に鎮めて、体験し、洞察し、さらにそれを聖典の叡智で確認することによって成されます。マヌ法典第十二章にも次のように記載されています。「知覚、洞察、各種聖典の叡智の三つは、徳の清浄化を願う者に十分に理解されるべきものである。」例えば、煙を知覚した場合には、ただ煙があるというだけではなく、煙の元には火があることが洞察され、さらにその火については、先人たちの智慧から確認することが出来ます。これが、体験し、洞察し、さらにそれを聖典の叡智で確認するということです。夜空を見上げて美しいすべての星が固有の軌道を持ちながらも、全体として調和がとれているのを見ることが出来ます。そこには宇宙の秩序の完璧さが垣間見られ、その気づきから、これは偶然ではなく、何か偉大な創造力が関与しているに違いないと推測します。そして聖典で、創造主の神秘を確認します。こうやって神の存在を認識出来ないにも関わらず、神の臨在を確信することは出来るのです。続きます。今日もありがとうございま

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました