スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 31

その他
 神の詩 第五章十二節 31「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。「心の統一」に必要なことを述べています。昨日は霊的理想の確立についてでした。今日は神へと向かう意思についてです。神へと向かう意思、霊的な渇望は、人を真摯に動かす原動力となるとても大切なものです。人は、お腹が空かないと食べ物を欲しがることはありません。喉が渇かないと水を欲しがることもありません。それと同じように、神を欲する強い気持ちは、極限まで霊的恩恵に餓えない限りは、求めようとしないものです。人は地上での生活を通して、さまざまな試練に逢い、多くの喜怒哀楽を経験していくうちに、少しずつ霊的な餓えを感じるようになっていきます。まずは霊的な餓えをはっきりと感じ取ることです。目の前にお米があります。でも、中途半端にお腹が空いても、人はわざわざ炊いてまで食べる必要は無いと考えます。それではすごく餓えていたらどうでしょうか。きっとお米を炊いて、食べると思います。人の霊的な餓えも、日常生活でよほど注意深くなければ、大きな出来事が無いとなかなか気がつかないものです。地上の重い体を持っていると、人は意外と鈍感で怠惰になるのです。人は、地上で肉体を持ったまま最大限の活動をしなければなりませんので、鈍感や

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました