スポンサーリンク

“歳を取る”ということ。

その他
年齢を重ねると若い頃には感じなかったことがどんどん追加されてゆく母が、「あっちが痛い」「こっちが痛い」「なんか体調がおかしい」そう言っていたことがだんだんわかるようになってくる両親との年齢を比べると、まだその域には達していないが、そもそも乳がんの治療ですでに身体はボロボロ老化が早いのかもしれない女性には、誰もが通らなければならない道がある“更年期”である  近年、  “男性更年期”も言われているが...その症状は、実際に起きてみなければわからない起きてみたところで、それが更年期の症状なのかもわからないなにせ、“経験がない”のだから初めて尽くしの体調不良に、「どこか悪いのかな」と思ってしまう治療中は、副作用なのか、それともどこかが悪いのか...と不安になったものだ私の母は、いわゆる“更年期症状”と言われているものはほとんどなかった多少暑がるときもあったが、優に60歳を超えていたのでおそらく更年期ではないと思われる更年期特有の、突然の多量の発汗に見舞われることもなかった私が乳がんになってホルモン療法をはじめたとき、それはそれはつらい副作用が現れたが、母に更年期症状が出ていなかったため、これが本当にホルモン療法である副作用、“更年期様症状”なのかもわからなかった“お手本がない”ということは不安であるとともに、母に更年期の経験がないことで、私のつらさも理解してもらえなかったこの数年、“老い

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました