スポンサーリンク

【質問が来ました】お茶出し供養について

質問が来ました。お茶出し供養に出した
お供えやお茶は
廃棄するのでしょうか? それとも我々で食べたり飲んだりしても良いのでしょうか?基本は廃棄です。で、、神様に供えたもの「神饌」、それを下げたもの「撤饌」。撤饌は神様のチカラを戴いたものとして皆で分けて戴く。お祭りの後、お供えを分け合って食べる「なおらい」がありますね。伊勢だと、お神楽奉納したら、撤饌に「お神酒」とか「鰹節」ついてきます。神様に対する「お供え」は、、「今年はこれこれこういう収穫を戴きましたありがとうございます」という感謝を表すもので、神様にメシを出している訳ではない。それに対して、、先祖供養は、、「お茶とおはぎ(おにぎりでも良い)」を出している。つまり「食事」を出している。先祖は、その気を食べるので、、、残ったのは残飯です。そういう意味で先祖供養のおさがりは廃棄で良いです。ただ、、法事とかお盆とか、、お菓子とか果物とかありますね。お茶出し供養は、つまりそのままたべられるものを出す。箱入りのお菓子は箱から先祖用に一部を出して皿に盛る。お饅頭は先祖用のものは包み紙を取る。果物は切って皿に盛る。そうして先祖用に調理なり皿に出したものは供えた後で廃棄です。皿に載せなかった箱入りのお菓子やそのままの果物とかは、、お盆に集まった子孫で分け合う。それで良いと思います。仏壇のない方は、テーブルでも箪笥の上でも良いです。お盆があればお

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました