スポンサーリンク

積極的に、でも、繊細に

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!          みなさま、おはようございます2代目ガンちゃん先生です今日は、治療のご紹介です本日、ご紹介は、極めて進行した状態の肝臓がんとの戦い前医で初めて、肝臓がんを見つけられた方です見つかった時点で、癌は極めて進行していて、25cmの癌に門脈浸潤、多発のステージ4Aです肝機能もギリギリで、腹水が出てきていましたもともとの肝機能が低いというよりも、癌の影響で、肝機能が低下した状態のようですこの様な癌では、一般的には、推奨される治療はなしと判断されてしまう可能性がありますにもかかわらず、前医の先生方も何とか治療したいという事で、テセントリク+アバスチンを予定していましたですが、食道静脈瘤もあるという事で、まず、その治療をしてから、テセントリク+アバスチンの治療を導入しようということだったみたいです食道静脈瘤の治療に1ヶ月程度かかり、それから、癌の治療を・・・という流れだったみたいですが、このきわめて進行した癌の状態で、先に、癌の治療をしないというのも、、難しい選択ですと言っても、テセントリク+アバスチンの副作用に静脈瘤の破裂を起こしやすい事もあるので、先に治療するというのも分からなくもないのですが、説明も思うよ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました