スポンサーリンク

お盆にルーツを考える。

医療機関
今日は、77回目の敗戦の日。
そして、3回目のコロナ禍の夏。
 
77年前、たぶん、
曾祖父ちゃん曾祖母ちゃんが
僕くらいの年齢だと想像できる。
 
不条理と不自由の戦争時代。
不条理と不自由のコロナ禍の今。
 
誤解を恐れず、今日はブログに思うことを書いておこう。
 
戦争とコロナ禍を同じには出来ないが、
息子や娘を見ていると、本当に申し訳なく思う。
この不条理と不自由な社会にしてしまった
我々世代の責任を痛感する。
 
正直、僕の知る、
曾祖父ちゃん曾祖母ちゃんからは、
77年前の葛藤を知ることは出来ない。
 
それでも想像はできるので、想像してみた。
 
富国強兵と言う国家的スローガンの元、
戦争へ向かう社会を立ち止まらすことが出来なかった。
彼らの時代、彼らの目には息子や娘(祖父や祖母)は、
どう映っていたのか。
 
今と同じく、将来を期待し夢を託したい、
そう心から願っていたに違いない。
 
なのに、どうして戦争なんかに、、、
 
このコロナ禍、
不条理と不自由に対峙しているのは、世界中の人々全てだ。
だから、若者たちを優先すべきだと短絡的には思わない。
しかしながら、僕らのルーツを引き継ぐ彼らを、
もっと大切にしても良いのではないだろうか?
僕らが身を呈して守るべきはこの

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました