スポンサーリンク

どこにでもある「スターゲート」とは!

健康法
 最近、不思議に思った事がありました。 なぜだか不思議に「月の沈む位置」が大幅に変わってきた事です。(極がだんだんと移動しているのでしょうか?)この月は「お盆のほぼスーパームーン」でしたが、いつもはもっと右の山の中に沈むのに、ビルの横に沈んでいきました。(最近は全部、ビル近辺に沈みます)  あの「鞍馬山のお寺(京都)から奥の院に続く道端」を見ていると、アンモナイトや海洋生物の化石がたくさんあります。 何故なら、遠い昔ですが、「鞍馬の山は、海の底だった」のが、現在は隆起しており山となっております。 そして南極では、その逆のパターンですが、「古代に沈んでしまった大陸」が実在しております。南極には、古代には、レムリア大陸やアトランティス大陸みたいな「古代に沈んだ大陸」があったみたいです。 又、グーグルアースでは、南極付近で大きなピラミッドが映っております。今、南極の氷がドンドンと溶けてるらしいですが、海底に大きな海底火山があって、海水が温められて氷が溶けているらしいです。 南極大陸は、大陸の上を雪が何重にも覆った大陸で、気候が変われば、大陸上の雪は溶けてしまいす。   「未来の予言」では、数年後に「世界中の海抜の低い街」や「小さな島々が沈むとの噂」がありますが、その兆候は少しずつ出はじめており現実化しております。ちなみに「アトランティス大陸の中心部」の大きな人口水晶が沈んだ場所は、「今で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました