スポンサーリンク

認知のゆがみ  ~クレーマーという病状~

カウンセラー
プロ野球の某西武ライオンズさんで、選手の妻が同じチームの選手の妻に対して SNSで誹謗中傷するという事件がありました。バレたらどうなるんだろうって思わなかった のかということですが、そう考えられないから「身内」に攻撃を仕掛けるのでしょうね。   同じような”症状”にクレーマーが挙げられます。ご存知とは思いますが、クレーマーとは 『商品の欠陥あるいは自分(顧客)への接遇などについてしつこく苦情を言う方のことで、 その苦情が正当ではなく、周囲から見て言いがかりだと受け取られる場合に該当します。 「周囲から見て言いがかり」なのに「自分から見れば正当」だと思ってしまうのが特徴なの ですが、この場合は明らかに「認知のゆがみ」が見られます。 認知のゆがみは、同じような現象(たとえば、購入したお弁当が気に入らなかった場合に、 大部分の方は「仕方ないな」で済ませるところを、「この弁当屋は、私に攻撃を仕掛けて きた」と、脳の不安中枢が感じてしまいます。 攻撃されたという不安 → 脳内の怒り → 相手にも攻撃しなければ → クレーム という構造が生じます。わざと弁当の中に虫を入れたり、腐ったように加工してSNS にアップしたりとか。 本来なら、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました