スポンサーリンク

動注療法は凄い! パート3

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!          みなさま、おはようございます2代目ガンちゃん先生です本日、ご紹介するのは、動注療法はすごい!シリーズ 第3弾ですこの方は、肝臓がん、ステージ4A門脈の一番太い血管まで浸潤した本幹浸潤症例肝機能は、Child-Pugh Cの状態 肝不全の状態で、前医では、すでに緩和ケアに入られ、余命1ヶ月の状態でした最期の治療を、どうしてもという事でご本人様、ご家族様と十分にお話をさせて頂き治療に踏み切った経緯です緩和ケアに入っていて、治療して、全ての癌が一度、消えてという経過は、奇跡みたいなケース・・と言えば確かに、そうかもしれませんが、実際に、治療していると、そんなに稀なケースではありませんそして、治療することで一人でも多くこの様な経過をたどる方が増えれば、治療する価値は絶対あると私は思いますさて、今日は、岩本内科で外来しつつ癌カテーテル治療しつつ忙しいでしょうけど・・ガンばりますか◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!           肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました