スポンサーリンク

暴落局面で積立をやめるなら初めから積立投資が向いていません

内科医

おはようございます。
2022年はアップダウンの激しい相場が続いており、精神的に休まる暇がありませんが、長期投資家にとって悪いことばかりではありません。
アップダウンの激しい相場でこそサラリーマンの味方であるドルコスト平均法が本領発揮するからです。
資産形成を始めたばかりの方には暴落はチャンスと言うこともできます。
この暴落をどう乗り切るかで将来の資産が大きく変わってくると思います。
 
暴落局面で積立をやめるなら初めから積立投資が向いていません
暴落局面で積立をやめるなら初めから積立投資が向いていません
2022年波乱の相場についてのまとめ
ドルコスト平均法が真価を発揮する局面がきている
暴落局面で重要なのは「資金管理力」
まとめ


 
2022年波乱の相場についてのまとめ
2020年のコロナショック後、2021年末にかけて株式市場は順調すぎるくらい急回復をしてきました。
2022年に入ってロシアのウクライナ侵攻やそれに伴う燃料や原材料費の高騰があり、世界各国でインフレに拍車がかかっています。
急激なインフレを抑制するために各国が政策金利を上げていますが、未だ適切なインフレ水準には戻っていません。
また、日本だけが利上げに踏み切ることができず、金

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました