スポンサーリンク

巻き添え:ついでに殺される絶滅危機のハゲワシ

その他
ハゲワシ。ハゲワシは生態系が健全に機能するためには重要な役割を果たしている大地の掃除屋さんです。亡くなった動物たちの遺体を綺麗に食べてくれます。動物の死骸を食べてくれることで環境が清潔に保たれるために、細菌の増殖が防がれ、伝染病が拡大するリスクも最小限になり、ネズミなどの小動物が異常増殖することも防いでくれています。以前からハゲワシの悲劇については何度も書いてきました。ひかたま:ゾウと共に殺されるハゲワシたちひかたま:ハゲワシの減少と狂犬病の蔓延ひかたま:痛みどめで猛禽類の危機今回アフリカ南部のボツワナのセントラル地区にある野生動物保護区で絶滅危機に瀕しているコシジロハゲワシ、468羽、ズキンハゲワシ、28羽、カオジロハゲワシ、17羽、ミミヒダハゲワシ、14羽、ケープハゲワシ、10羽アフリカソウゲンワシ、2羽の死骸が発見されました。どの鳥も国際自然保護連合のレッドリストで「絶滅危惧種」、「近絶滅種」に区分されている貴重な種ばかりの大量殺戮です。これらの貴重な鳥たちの死因は毒殺です。密猟者たちはゾウを殺し牙を切り取ります。そしてゾウの遺体は草原に放置するのですが、当然ハゲワシたちがやってきます。でも密猟者たちにとってハゲワシが来ると密猟場所が野生動物保護官にバレてしまうという理由からゾウの遺体に毒を仕込んでハゲワシたちを大量殺戮するのです。悪いことをしているのがバレないように罪のない

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました