スポンサーリンク

消えていくズワイガニ

その他
ズワイガニ深海に生息する大型のカニです。ここ4年ほどでベーリング海峡のアラスカズワイガニが激減。アラスカ州漁業狩猟局の調査によると、ズワイガニの個体数は2018年の約80億匹から、2021年には約10億匹へと激減70億匹ほどが消えたようです。別の調査ではこのたった2年間でズワイガニの生息数が90%減少したとの報告もあります。この異変に伴ってベーリング海で行われていたズワイガニ漁は、今年初めて禁漁となりました。ちなみにアラスカ州のブリストル湾のタラバガニ漁も2年連続で禁漁です。ズワイガニは水温が2度以下の冷たい海に生息していますが、アラスカ周辺では近年、海水温が上昇し、海氷が解けてしまいズワイガニの生息は難しくなりつつあるようです。アラスカの海は、米国のシーフードの60%占めているため今後は、シーフードの値上げも始まるようです。ズワイガニは日本でも冬の日本海の味覚の代表的存在でもあります。「ズワイ」とは、細い木の枝のことを指す古い言葉「楚(すはえ)」が訛ったものとされています。生息域は、水深50 ~1,200mの砂泥底ですが、主に水深200~600mの深海と水温0~3℃の冷たい海域を好んでいます。日本各地で呼び名が違います。有名な名には、エチゼンガニやマツバガニなどがあります。wikipedia現在ズワイガニの稚ガニの減少が続いています。1999年に調査を開始してからの最近20年間の

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました