スポンサーリンク

肝臓がんはいろいろな動脈から血液をもらう

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!          みなさま、おはようございます2代目ガンちゃん先生ですブログの更新、なかなか大変です毎日の治療もですし、12月までに12個、発表と講演があるので準備に追われます・・・正直、ちょっと泣きそうです 笑発表と講演をしながらも、自分の研究、明らかにしていかないといけないことを検証していく作業もしていないと、来年、表現しにくくなってしまいますそして、一番は、毎日の治療は1ミリたりとも気を抜くことができないので、なかなか厳しいですね本日ご紹介は、肝臓がんのカテーテル治療の難しさです肝臓がんは、肝臓にありますので、もちろん基本的には肝臓の動脈から血液もらって大きくなりますですが、癌が大きくなったり、癌の場所が肝臓の端っこだったりすると肝臓の動脈から血液をもらうよりも簡単に血液をもらえるという事で、肝臓以外の周辺の動脈から血液をもらって大きくなってしまいますそうしますと、肝臓の動脈だけ治療をしていても、癌は生き残り再発してきますたとえば、この患者さまも10cm大のガンが肝臓内にありますカテーテル留置を行い、肝動注化学療法中です肝臓の動脈内にカテーテルを入れて、治療をしていますので、白くなる薬剤が貯留しているのが確

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました