スポンサーリンク

少しだけヤングなケアラー

医療機関
深夜のドキュメンタリー番組に見入っていた。
高校生や中学生の母親や祖母の介護の現状を、
介護者本人、被介護者、それを取り巻く社会と、
多方面から取材した素晴らしい番組だった。
 
高校生の息子さんが神経難病の母親を介護する場面。
 
パーキンソン病だった母親を介護し
ほぼ介護離職していたあの3年を思い出した。
また、透析患者だった祖父(祖母が死に独居)を介護し
ほぼ大学医療人としての出世は諦めたあの3年を思い出した。
 
ヤングケアラーをどう思うか?と尋ねられた高校生の息子さんは言う。
 
なんとも思いませんね。母がそうであるから、僕が介護しているだけ。
 
目の前に困った人があれば、手を差し伸べる。
 
あ、ただこれだけなんだなあって、なんだかホッとした。
 
高校生の息子さんの様に、僕は大したことはしていない。
だから、介護についてそんなに多くは語れない。
でも、やっぱり、母のあの惨状とともに、
当時の介護生活を思い返すと悔しい気持ちで溢れちゃう。
 
しかし、昨日の番組での彼の言葉は、正気を取り戻させてくれた。
 
なんとも思いません。母がそうであったから、僕が介護しただけ。
そう。目の前の困ってる人や苦しんでいる人を助けたい。ただただそれだけ。
 
 
リカバリー

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました