スポンサーリンク

行くと「危ない場所」や「幸せになる場所」がある!

健康法
 この世には、行くと「気持ちが良くなる場所」が存在します。又、その逆に、行くと「気持ちが悪く」なったり、「体調がおかしく」なったりする様な「危ない場所」もあります。 要は、繁華街ひとつをとってみても、結果的には、「居心地の良い場所」には、自然にお客様が集まっていきます。又、その逆に繁華街の中でも、「行くと気持ちが悪くなったり、体調がおかしくなったりする様なお店」は、自然にさびれてしまいます。 「場」は、そのすべてが「エネルギー」であり、その場に「漂っている気が原因になってる事」が多いです。もしあなたが「何かへんだなぁ?」と思われるお店があるとしたら、その歴史をしらべるとヒントがあります。 ぜんぶが全部ではありませんが、処刑場跡や大病院跡に建った建物は、敏感な方なら、吐き気を感じたり、気持ちがイライラしたりする人がおられます。昔の人の想念が残ってたり、低級霊(浮遊霊)がいたりすると、敏感な方は、無意識的に感じてしまうからです。又、そんな場所は、長年、悪いエネルギーが溜まってる事が多いです。 更に地面の下が空洞になっていたり、大きな下水管が通ってると、魑魅魍魎が集まる事が多く、上に住んでいると悪夢を見たり、体がしんどい事が多いです。 実は、魑魅魍魎は、鏡と鏡の間に集まりやすく、最近はPCとPCの間に集まったりもします。 勝手に「自動ドアが開く場所」は、魑魅魍魎が多く、霊道上に建ってる事

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました