スポンサーリンク

やはり、“晩期障害”なのだろうか――。

その他
乳がんの手術後に受けた放射線治療治療中と治療終了から1か月後、痒みの副作用が現れたいわゆる、“急性(急性期)障害”と言われているものだと思われる“急性(急性期)障害”は、照射終了から遅くても2~3か月後に現れる副作用それに対して、“晩発(晩期)障害”というものがあるこれは、“長期間(数年)の潜伏期間を経て”...ということになっているのだが、どうも私は、この、「“晩期障害”ではないだろうか...」と、思いはじめて、すでに5年と3か月――痒みが現れたのは、放射線治療が終わって実に10年半が過ぎてから「すぐに治まるだろう」と、思っていたが治まらず晩期障害にしてはあまりにも遅い副作用...いや、そもそも放射線治療の副作用が、10年過ぎても出るものなのだろうかちなみに痒みがある部分は、特になにもなっていない「若干、赤みがあるかなぁ...」程度そんなこんなで、5年3か月「皮膚科に行ってみようか」と何度も思ったが、行かないまま今に至る昨年受けた、新型コロナウイルスワクチン数々の副反応に見舞われ、“モデルナアーム”まで出現してしまった   ⇩ モデルナアームの一部一週間経ても治まらず、皮膚科を受診そのとき、数種類の飲み薬と一緒に処方された塗り薬この塗り薬がたっぷり残っていたので、「捨てるだけだし、使ってみよう」と、素人判断で痒いおっぱいに塗ったのは今年の3月はじめは少し効果があったようで、3日ほ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました